作品紹介

Description of works

1978年1月 7日 公開

  • 修道女ルシア 辱す

    主演
    野平ゆき
    出演
    珠瑠美/小川亜佐美/藤健次/桂たまき/岡本麗
    監督
    小原宏裕
    脚本
    桂千穂
    解説
    果して<快楽は罪>か――――
    あらすじ
    大滝ルミ子(野平ゆき)は、家庭教師と関係を持ったことから刃傷沙汰を起こし、父親に聖マリアンナ修道院に預けられた。「ルシア」、これがルミ子の洗礼名である。彼女は初日から反抗的な態度をとった。寮長のフリーダを始め、他の修道女たちは彼女の振る舞いを背徳とみなし、罰した。修道女たちは、就寝の時間になると各々のレズ関係を露わにし、情欲に燃える姿を晒した。堪えられずルミ子は修道院から出て行こうとするが、院長とその側近の二人が司祭とからんでいるのを目撃。フリーダ達に教え、院長を追求する。だが、院長はシラを切り、妄想を吐くと見なされたルミ子は反省室へ入れられ、枷によって椅子に繋がれる。やがてそこに、脱獄してきた二人の男が乱入してくる…。
    販売・配信

TOPへ戻る