作品紹介

Description of works

1979年7月21日 公開

  • 潮吹き海女

    主演
    日向明子
    出演
    飛鳥裕子/吉沢由起/五条博/金田明夫
    監督
    白鳥信一
    脚本
    大工原正泰
    解説
    真夏の太陽の下、海女さんたちの燃えたぎるエロス。
    あらすじ
    海女のサキ(日向明子)は今日も義弟の野崎民男(金田明夫)とアワビ採り。内縁の夫・清一(河原裕昌)は長距離トラックの運転手で家を留守にする日が多い。サキに密かに想いをよせる民男は、清一がいない日は大はりきり。そんなある日、清一が突然の事故死。葬式前夜の振る舞い酒を飲みながら、まるで宴会騒ぎの海女仲間や組合長たち。「サキと関係した男は死んでしまう」と噂する彼らに、サキは怒り、追い出すのだった。そこへ、赤羽モヨ子(吉沢由起)という女が訪ねてきた。モヨ子は清一の子を妊娠していたが、その場で流産してしまう。サキは、そんなモヨ子に仕事の世話をしてあげるのだった。独り身になったサキは、村の男たちの肉欲の標的になった。サキを襲っておきながら「死ぬ」ことに怯える男たちに対し、サキは気丈に振舞うのだった。ある晩、サキが夕食をとっていると、以前からサキに気があった勇吉(五條博)がやってきた。ふたりは一晩中からみ合い、サキも快楽に酔いしれた。しかし、ふたりの情事に激しく嫉妬した民男は、勇吉の妻で海女のリーダー格のルミ(飛鳥裕子)に告げ口してしまう。怒ったルミはサキをリンチにかける。その場に居合わせた民男は後悔し、助けに入るとサキにあやまった。そして、民男の気持ちを知ったサキは、その晩、民男に体を開き、やさしく手ほどきするのだった……。
    販売・配信

TOPへ戻る